出会い系体験談・出会いの秘訣
実際に出会えたヤレた体験をレポートしていきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
処女=童貞。どちらも早く捨てたがっている!
f1_20080126181258.jpg
「処女はエッチに興味がない」と思っている諸君!
処女はセックスについて知らないからといって、
エッチな願望がないわけじゃない!

というかむしろ処女や経験の浅い女の子ほど
「早く処女を捨てたいの~~~」 と男の体を欲しているタイプが多い。

自分が童貞だったときのことを思い出してほしい。
オナニーでしか性欲を処理できなかったあの頃、
今よりずーっと「やりたい(捨てたい)願望」が強かったろ?

男の童貞と同様に、女の処女も、ずーっと背負っていくには重すぎる。
鉄の処女(アイアンメイデン)という言葉もあるように(意味違)。

本命の子とのセックスにそなえ、重い鎧をとっとと脱ぎ去っておいて、
いざ本番というときには

「オレ(アタシ)ってうまいだろ(でしょ)?」
とテクニシャンづらしたい!
だから初体験は早く済ませておきたい!

童貞も処女も、考えていることは大して違いはない。

「処女好き」する出会い系サイトを狙え!
さて、そんな「早く処女を捨てたい!」と焦る女の子を落とす攻略法を身につける前に、
まずは処女が多い出会い系サイトを探さねばならない。

百戦錬磨&欲求不満の人妻と違い、夢見がちな処女は、エロ~い見た目のサイトよりも、
いわゆる「キレイ系」って感じの「素敵な恋愛系」のサイトを好む。



スタービーチ
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

【2008/01/26 18:14】 | 出会い講座メール編 | トラックバック(3) | コメント(0)
人妻系。セックス目的なら今が狙い目!!
最近出会い系仲間から薦められたサイトに登録してたら…人妻が多いですね。

このサイトでメールした人妻とメールしてるとどうやらクチコミで紹介してもらったらしいです。

そして
「出来ちゃった婚」って18~23才くらいだし、まだ「自由な恋愛がしたい」そうです。


…自由な恋愛とうたわれてるが、結局はぶっちゃけたところセックスフレンドですよね。


早い話、ストレス発散にセックスしませんか?的なサイトみたいです。

もう結婚もしてるけど、遊びたい。

でも不倫はいやだよ~って言う人妻が最近急増してるようで。

f1_20080122181115.jpg

「結婚相手探し」の人はモラルの低さに絶望しますが、

割り切りやセフレ関係を希望する人はぴったりではないでしょうか?

スタービーチ

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

【2008/01/22 18:01】 | 出会い講座メール編 | トラックバック(2) | コメント(0)
出会い系サイトは怖いけど・・・出会いはあきらめない限り必ずある!
55
出会い系サイトは怖いけれど……

PCの向こうには無限の世界が広がっている?!
どんな出会い系サイトでも危ないといったものでもないのですが、いくら恋人や再婚相手を見つけたい人でも、どうしても気持ちが退いてしまうものです。

でも、もしも本当に知っている人と、ばったり出会うことができるのなら、そこにある不安は消え去りますよね。まるで、街を歩いているときに「あれ? ○○さんじゃない?」と声をかけられるように。

実際には、そうして出会ってラブラブになってしまったという話も聞きますが、そんなことを待っているのは、効率が悪すぎるというもの。しかも、相手も独身だったりバツイチだったりなんて、そんなうまい話は、そうそうありません。


あきらめちゃったら出会いのチャンスもそこまで
いい人と出会いたいという気持ちは、やはりなくしてはいけないと思います。もちろん、本当に「どうでもいい」と投げちゃった人は別。でも、このガイドサイトを覗いてくださった方なら、恋愛の願望はあるはず。

だったらあきらめないで、目を凝らしているのがいいのでは? そこで、同窓会系SNS(ソーシャルネットワークサービス)で、ステキな恋を見つけた人の話をご紹介したいと思います。




バツイチで恋人募集中のB子さん(35歳)は、友だちに誘われて、SNSに登録しました。入会したSNSには、たくさんのコミュニティがあり、B子さんはワクワクしながらコミュニティ検索をはじめました。

そこで見つけたのが、B子さんの小学校のコミュニティ。200人以上の卒業生が登録していました。B子さんは早速登録。自己紹介で「23年前の卒業生です。同級生の人、いませんか?」と書き込みました。

そして数日。B子さんに1通のメッセージが届きました。「プロフィールを見ましたが、もしかして、B子ちゃんじゃない? 僕、後ろの席にいた△△なんだけど。違っていたらゴメンナサイ」


思いもよらない初恋の彼との再会
B子さんはビックリしました。小学校を卒業してすぐに、父親の転勤で引っ越してしまったB子さんのことを、しっかり憶えていてくれたのです。しかも、後ろの席の彼は、B子さんの初恋の人。

心臓が飛び出しそうな驚きと、一瞬にして湧き上がる期待。でも、本当に彼かどうかもわからないし、どんな人になっているかもわからない……B子さんは、慎重にメッセージ交換をし続けました。

当時の遊び場だった公園のことや、他の同級生のこと、先生のあだ名の話など、彼が本当に同級生で、しかも初恋の人であることが確信できてきました。

おそるおそる近況を話し合ううちに、お互いがバツイチで、しかも、現在は隣の県に住んでいることが判明。以来、B子さんと彼は、23年ぶりの再会を果たし、実は彼もB子さんが好きだったという話まで!

今は、再婚という話には触れずに、大切に楽しいおつきあいをしているそうです。こんなこともあるのが現代なのです。貪欲に探し回るのは考えものですが、あきらめない気持ち、人との接点を大切にする気持ちが、今のB子さんの幸せにつながったことは間違いありませんね。

出会いをあきらめちゃダメ。これからも、前向きで純粋な気持ちで、ステキな出会いを夢見て過ごしましょう。

今回はSNSを出会いの手段のひとつとしてご紹介しましたが、他にも出会いのきっかけや、それを恋愛につなげていく方法はいろいろあります。

スタービーチ

テーマ:ザ・ニュース - ジャンル:モブログ

【2008/01/16 17:05】 | 出会い系ニュース | トラックバック(0) | コメント(19)
【独女通信】お見合いパーティに出会い系サイト。お見合い達人独女がネットに増殖中?
 派遣社員のF美さんは、かわいらしい顔立ちでスタイルも良く、スレンダー。現在40歳だが30代前半といっても通用しそうなルックスの持ち主だ。そんなF美さんが「40歳までに結婚する!」と固く心に誓ったのは、30代も後半。派遣社員とはいえ仕事は忙しく、出会う異性は仕事関係ばかり。気付けば何年も恋愛と無縁だった。

f1.jpg
一念発起し30代のお見合いパーティに30代前半と偽って参加。制限時間にせかされてあたふたと選び、カップル成立したものの、その後お茶して話してみると、「なんでこの人を選んだのだろう?」という印象しかなかった。その後も何度か参加してみたが、結果は同様。そもそもパーティ中の数分の会話では相手を深く知りようもないが、参加慣れした男性は「次はもっといい人がいるかもしれない」という欲が出てくるようで、一つの出会いに食い下がらない。会話を自分がリードしなければならない頼りない男性が多い上、自分が年齢を偽っていることも段々気が引けてきて、パーティ遍歴に見切りをつけた。

未知の異性への接し方に多少度胸のついたF美さんは、次のステージに進む。比較的まじめな出会い系サイトで出会いを探そうとした。しかし、まず誤字脱字がひどいメールが多く、読む気が萎えた。内容も、「これで女性が会おうという気になると思う?」と脱力するものがほとんど。アプローチは多かったが、まともそうな男性を見つける確率はかなり低く、“自称”プロフィールもかなり怪しい、という不安も増してきた。

そしてF美さんは悟った。「ある程度お金をかけないと、それなりの人とは出会えない」。でも、あまり多大な費用はかけたくない。そこで、登録は無料だが、会ってみたい人がいたら仲介会社に数千円を払う、というシステムの某大手お見合いサイトに登録した。プロフィールが見られるのは登録した人のみ。紹介までは仲介会社が間に立つので、これはという人に出会えるまではメールアドレスも公開されず、安心だ。「今度は正直にいこう」と決めたF美さんは、もう年齢も偽らず、実年齢を公表した。任意だった顔写真も載せた。プロフィールが公開されてすぐ100通を超すアプローチのメールが届いたが、男性側のプロフィールに顔写真のないものは対象から除外した。「顔で選ぶわけではないんです。自分が顔出しして正直に接しようとしている分、相手も同じであって欲しいじゃないですか」とF美さんは語る。

さらにその中から、メールの印象が良かった人に絞り、返信。数回メールをやりとりしてさらに絞り、通算10名は会った。何も過大な期待をしていたわけではないが、会ってみると、会話のキャッチボールができる人が圧倒的に少なかったそうだ。ある男性は一流企業に勤めており、条件は良かったが、デートを終えるとF美さんは何か違和感を覚えた。「彼は自分のことばかりしゃべっていて、一度も私のことを尋ねてくれなかった」のだった。

そんな数々の出会いの中で、ルックスが特に好みだったわけではなかったが、「一番まともだった」のが現在の彼である。彼女より8歳年下のサラリーマン。自分のことも包み隠さず話してくれるが、彼女の話もちゃんと聞いてくれる。ただ、ファッションセンスが自分の感覚とかけ離れている点、まじめだが面白みに欠ける点に多少不満を感じた。デートを重ねつつも「本当にこの人でいいの?」とF美さんは何度も自問したという。彼に内緒で、その後アプローチのあった数名の男性とも会ってみた。しかし、彼の人間的な「まっとうさ」を超える人はついに現れなかった。

忙しい彼女と自宅通勤の彼のデートはもっぱら彼女のマンション、というどこか男女逆転の感のある間柄に、「私って都合のいい女?」という不安を感じつつも、具合が悪かった時、親身に看病してくれた彼の優しさに感動を覚えた。彼女の“白馬の王子様願望”はいつしか消え、現在、交際2年目。強い決め手は感じないが、「一緒にいると安心できる」相手だから、もしプロポーズされたら結婚するだろうなと思っている。彼の気持ちをそれとなく聞いてみたいが、恐くて自分からは切り出せない。40代を迎え、心は揺れている。

こんなF美さんの例は、最近の男女関係、結婚観の縮図ともいえるのではないだろうか。お見合いサイト数社が公開している自社の統計によると、登録者は男女共に30代全般、首都圏在住者が圧倒的に多い。職業は、男性は技術系、女性は事務系に次いで派遣社員、専門職の比率が高い。そうした人は実際、職場での出会いは少ないのかもしれないが、「仕事関係での恋愛はあとが面倒、それよりも未知の世界の人と出会いたい」という思いや願望も背景にありそうだ。ネット婚も珍しくなくなった今、セキュリティのしっかりしているネットお見合いの活用は大いに有効ともいえる。

スタービーチ

テーマ:ザ・ニュース - ジャンル:モブログ

【2008/01/14 15:47】 | 出会い系ニュース | トラックバック(0) | コメント(20)
返事をもらえるメールの書き方
リアルな出会いの場合も同じですが、メールの場合も最初の印象って大事です。なんだかよくわからない人とは、話したいと思えないですもん。あなたの姿を具体的にイメージできると返事も書きやすくなります。
  下のメールはいちばん返事が書きにくいパターンのメールです。こういうの多いんですよ。


【例えばこんなの】
はじめまして。東京に住む34歳の会社員です。掲示板を見てメールしています。音楽は僕も好きです。ミキさんはどんな音楽が好きですか?よかったらお返事ください。




《横にズラズラは読みにくい》
  ひとつの話題が終わるまで横にズラズラと文章をつなげるクセのある人がいます。なんだか息苦しくなってくるんですよね。読んでると。読みにくいし、見た目も悪いからやめましょう。 1行に全角で25~35文字くらいが適当ではないでしょうか。話題の切れ目で1行空きを作ることも忘れずに!



--------------------------------------------------------------------------------

《長さは2~3kbくらい》

  この場合の「長さ」は幅じゃなくてメール全体の長さのことです。よくネチケットとして長いメールはダメ、ということが書かれていますが、最初のメールがあまりに短いのも返事を書くのに困ってしまいます。

  女性は、女性であるというだけで山ほどメールをもらえます。全員とメールを交換できる女性はいないはずですから、常に競争なんです。電報のようなメールではあなたの思いは伝わりません。



--------------------------------------------------------------------------------

《ファーストメールはテキスト形式で》

  HTMLメールは文字の大きさや色などが指定できてとても便利です。でも、この機能はお互いがHTMLメール対応のメールソフトを使っていなければ意味がありません。

  たとえばわたしはNetscapeのCommunicatorを使っているのですが、HTML形式でメールをいただくと文字が小さくて読みにくくなります。また、無意味にメールのサイズが大きくなるのも気になる人には不評かもしれません。

  Outlook Expressを使っている方はどうぞご注意ください。HTML形式が初期設定になっているからです。「ツール」メニュー → 「オプション」 → 「送信」の「メール送信の形式」を「テキスト形式」にすることで変更できます。




--------------------------------------------------------------------------------

《挨拶で始めるのは基本中の基本ですよね》

  なにはなくとも「こんにちは」。あるいは「はじめまして」。挨拶は忘れないようにしてください。ささやかだけど、役に立つことです。印象がぐっとよくなります。

  語り口はあくまで丁寧にソフトに。たま~になにを勘違いしたのかタメグチのメールをいただくことがあります。そりゃ、仲良くなってからなら構いませんが、初めてのメールで「ミキさんはシュープリームス、好きなんだって?なんでそんな古いの知ってんの」とか書かれるとムッとします。

  多分この人は自分が好きなアーティストのことを私がたまたま書き込んでいたので嬉しかったんでしょうね。でも、こっちはそんなのに付き合えません。




--------------------------------------------------------------------------------

《あなたの姿が目に浮かぶように》

  赤の他人に自分の情報を提供するのはイヤですよね?だから説明も簡単にすませてしまいたくなる気持ちはわかります。でも、もうちょっと詳しく教えてくれなくちゃ。ある程度のイメージを思い浮かべられるくらいの自己紹介はしてください。住所(都道府県)、年齢、やってる仕事の内容、既婚か未婚か、子供の有無など・・・相手の情報を知りたければある程度の自分の情報開示も必要ですよね。

  年齢は「30代」とかぼかして書くよりもはっきりとした歳を書いて欲しいです。仕事の説明ですが、もちろん会社名、役職等は書く必要ないです。

  でも、例えば、「冷蔵冷凍関係の仕事で今日は2時間も冷蔵庫に入って作業しました。鼻毛まで凍りました」なんて書いてあると「大変ですね」ってつい返事が書きたくなります。グチではなくて笑い話のように書くのがポイントです。




--------------------------------------------------------------------------------

《内面的な自己紹介は簡潔に、だけど詳しく》

  履歴書の趣味欄じゃないんだから「僕も音楽が好きです」だけじゃ話になりません。「音楽が好き」というだけでは民謡なのか演歌なのかJ-POPなのかヘビメタなのか全然わからないですよ。「趣味は音楽」だとアピールしたいのなら、どのアーティストが好きなのか、できたら曲名やアルバム名まで書いて熱く語りましょう。あまり長過ぎてもダメですけどね。

  ビートルズ好きの人にメールを書くなら、

>ビートルズは中学のときに友達の家で聞いて以来、ずっとはまりっぱなしです。
>特に好きなのはリンゴで"Yellow Submarine"を聞くとイライラも吹っ飛びます。

くらいは少なくとも書いてください。

  映画が好きな人には自分の好きな映画のことを、本が好きな人には好きな本を。もし、相手と趣味が一緒じゃないならあなたの趣味を目に浮かぶように伝える。ゴルフが趣味の人は最近のスコア、ドライブ好きの人は好きなドライブポイント。要するにあなたの姿が多少でも浮かんでくればいいんです。最初のメールでいちばん大切なのは「簡潔な具体性」。これです。




--------------------------------------------------------------------------------

《個人的なメッセージを入れましょう》

  掲示板にメールフレンド募集の書き込みをする、ということは、その女性はなにかを求めている、ってことですよね。なにを求めているんでしょう?私の場合は「自分だけのもの」を求めています。私だけに宛てられた世の中に1通しかないメールを求めています。

  だから、相手の女性だけに向けたメッセージを入れてあげてください。相手の書き込んだハンドルネームできちんと呼びかけることも基本。ウソでも「あなただけ」という雰囲気が大切です。

  「メール友達が欲しくていろんな人にメールを書いてます」と正直に書いている人がたまにいますけど、誰が大勢の中の1人にされて、嬉しいと思います?そういうことは内緒にしときましょうね。






《コピーメールはすぐバレます》

  最悪なのはコピーメールです。別名を「無差別攻撃メール、じゅーたん爆撃メール」ともいいます。「掲示板に載せられてる女性全部にこれと同じ文章を送ってるんでないの?」って思わせるメール。こちらの書き込みと内容がリンクしてないし、なによりもメールに熱(というか体温)がない。

  こちらは「映画の話がしたいです」ってはっきり書いているのに、

>ボクは東京で弁護士をしています。
>学生時代はアメリカに留学していました。

なんて勝手に自己紹介だけを述べ立てて、映画の「え」の字も出さない人とか・・・。コピーメールって、DMと一緒で、むやみに腹が立つんですよ。申し訳ないですけど、こういうメールにお返事を書いたことはありません。


 


--------------------------------------------------------------------------------

《顔文字や(笑)マークに頼っちゃダメ》

  これは個人的な好き嫌いですけど、私はあまり顔文字や(笑)マークが好きではありません。1通のメールに1こか、2こ、入ってるだけならいいけど、あまり多いとね。特に30を過ぎた男性はあまり多用するべきではないと思います。

  あれって、きついことやセクハラめいたこと書いたりするときに、ごまかしたくて付けてる人が多いです。ごまかすくらいなら、書くな!といいたい。作り笑いを浮かべながら皮肉を言う人を連想してしまいます。




--------------------------------------------------------------------------------

《楽しいメールにしてください》

  「暇してて寂しいです」とか「出会いがない」とか自分の周りからオーラをぬぐい去っていくようなことを書くのは歯を食いしばって我慢しましょう。わざわざ最初から弱点をさらす必要はないです。自慢たらしいのもダメですが。

  私が魅力的に思うのは「つらいことも、面白くないこともいろいろあるけど、好きなことをしている時間はけっこう充実してるよ」という雰囲気のメール。そういうメールは返事が書きやすいし、こちらも楽しい気分になります。

  そういえば、いきなり奥さんの悪口を書いてくる方がいますが、これもどうかなぁ。人の悪口はよっぽど気心が知れてからじゃないと書くべきじゃないと思います。ただの不満屋さんと思われてしまいますよ。

  出来たら笑えるメールだといいんですけどね。最初の1通から相手を笑わせるのは難しいけれど、少なくとも明るい雰囲気のあふれるメールにしてください。自分のいちばん好きなもの、いちばん好きな時間。リラックスして幸せを感じるときって何をしていますか?その空気をうまく伝える努力をしてください。

スタービーチ
【2008/01/12 16:19】 | 出会い講座メール編 | トラックバック(0) | コメント(0)
人妻さやかとの逢瀬・クリスマスに中だし・・・
今年最後の締めとして、一番長いセフレのさやかさんと逢ってきました。
逢った日は12/24。さすがに人妻だけにイブの夜は無理でしたのでw昼間に待ち合わせて二人のクリスマス祝い♪僕の大好きな黒のガーターベルトストッキングに、最近では言わなくてもノーパンという姿。車に乗せて郊外のラブホへ行く途中から、彼女のマソコをくちゅくちゅと弄り、彼女もまた僕のペニをまさぐってました。






今年一年お互い忙しくてなかなか逢えなかった憂さを晴らすように、そしてクリスマスという記念日だから、お互い気持ちは速攻盛り上がってて、ラブホ直行コースでしたw


激しくセックスセックスセックス。もうそれだけ。
もうお互いの気持ちいい所は知り尽くしている相性の良い身体だけに、体中で快感を得られる感じ。いいセフレに巡り会ったよな~♪

最近はさやかさんも感度がより増したようで、僕の指マンで噴く時の潮がハンパない。一度イカせた後に子宮が下がり、その時に奥まで刺激する指マンでぷしゃっと大量に噴く、それが僕の手に当たった時の暖かい満足度。

長い舌を使って、僕のペニに絡みつくような上手いフェラ。仕込んだとはいえ、凄く上手くなって、イッた直後の疲れマラでもすぐに勃起させてしまうテクニック。上手いんだけど、大変と思ってしまうのって贅沢でしょうかw

肉付きの良い、抱き心地の良い身体にぴったりと身体を重ねて、ガーターベルト装着のまま、ぬれぬれでぐちゃぐちゃなマソコにぶちこんで喘がせる心地よさ。彼女からも突き上げるような腰使い。
そして中出しOKなので、彼女の中でたっぷりと放出。人の物を汚すという征服感と、男としての満足感・・・。絶叫と共に精子を搾り取るようなアソコの締め付け具合・・・。最高だと思う、この瞬間です。

0104b.jpg

そして最近気づいたんですが、正常位でイった後に、ぎゅっと彼女に体重をかけるように抱きしめてくれるんですね。普通は僕が重いだろうから女に体重はかけないんですが、どうもこの密着感と僕の重さが心地よいようで・・・キスしながらしばらくさやかさんの身体の上に乗っています。重いだろうなと身体を起こそうとすると、もうちょっと・・ってぎゅっとする始末♪


お互い生きていく上で不安はあるんでしょうが、そういう愚痴や悪口はあまり言わず、どうしょうもない不安をかき消すかのようにセックスする間柄。そういうセフレ関係なので、長続きしたんじゃないかなと思ってます。いいセフレに巡り会えたよな~♪

2007年も引き続きこっそりと逢瀬を重ねます♪もっともっと調教して、僕好みの女に仕立て上げたい、そう思ってます。まだやったこと無い事が多いですからね~。なにより体温が感じられるHが出来る、それが最高な訳です♪
あ、当然ながら他の出会いも探しますよ。それが出会いチャレンジャーズですからwww


今回の成果> 人妻、さやかさんとSEX
使った出会い系サイト
出会いのTOUCH

おすすめリンク集
出会い系紹介所
スタービーチの次はここ
スタービーチBBS
スタービーチPlus

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

【2008/01/04 19:03】 | 出会いレポート | トラックバック(0) | コメント(0)
mixiで結婚したカップル

「自然な出会いだった」――mixiで結婚した2人



共通点ゼロの2人を結婚に導いた“仲人”は、ソーシャルネットワーキングサイト「mixi」だった。0101b.jpg


 それは自然な出会いだったと、2人は言う。素敵な人と知り合い、惹かれ合い、恋をして、結婚した。自然な成り行きだったと、2人は言う。ネットで出会った人と結婚するなんて、考えたこともなかったけれど。

 ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)「mixi」で出会った2人がこの6月、結婚した。


 東京の雑誌社で働くOLで、舞踏家でもあるユリヤさんと、軽井沢の老人介護士で、ジャズが好きなMottyさん。仕事も趣味も住んでいる場所も、まるで違う2人。mixiじゃなければきっと、出会わなかった2人だ。

 ユリヤさんがmixiを始めたのは昨年3月4日、mixi正式オープンの翌日。職場の男性から、招待メールが届いた。URLをクリックすると、彼のmixi日記の一部が見えた。「もっと読んでみたいというスケベ根性で」登録したという。

 職場では見えない彼の意外な一面が見えた。参加していた他の同僚とも、日記やコメントを通じて親しくなれた。日記で本音を吐き出すのも、気持ちよかった。職場でも家でも1日中mixi――そんな日が続いた。

 Mottyさんがmixiに入ったのは、ユリヤさんの1カ月後、4月5日。親友に「招待状送るから」と電話で誘われた。とりあえず入会し、日記を書き、コミュニティーを作ってみた。翌日には、見知らぬ人からコメントやメールが届き、コミュニティーにもメンバーが入っていた。うれしかった。仕事も忙しかった当時、睡眠時間を削って、mixiにのめりこんだ。

 当時のmixiユーザーは、まだ数千人。「みんなが顔見知りだった」と、ユリヤさんは振り返る。外界から守られた、こぢんまりした温かい空間。知らない人のページにも気軽に訪問できたし、赤の他人の日記にコメントを付けるのも、普通だった。リンクしている友人――「マイミクシィ」(マイミク)――をたどるだけで、誰とでも自然に出会えた。


『近づく結婚、遠ざかるmixi』


0101b2.jpg


 そのころから、Mottyさんの日記には甘いノロケがつづられる。マイミクたちはそんな彼を温かく見守り、たまに茶々を入れる。こんな状態が、2カ月あまり続いた。

 2人の間には、mixiという媒介が徐々に、不可欠ではなくなってきた。「きっかけはmixiだったけど、その後は普通の付き合いだった」と、Mottyさんは語る。2~3週間に1回は会っていたし、携帯で連絡をとることが、mixiメールよりもずっと多くなっていた。7月ごろには、mixiにログインすることも減っていた。

 そのころ2人はすでに、結婚を考え始めていた。「結婚してくれないかって、夏に言われたよ」と話すユリヤさんに「覚えてないなぁ」とMottyさんはちょっと驚く。

 Mottyさんの記憶によると、正式なプロポーズは翌年、今年3月になってからだ。mixiコミュニティーで開いたジャズイベントの打ち上げの席。2人共通のマイミクに「今言いなさい」と迫られ、思い切ってプロポーズしたという。「ベロンベロンだったから、何言われたか覚えてないけど」と、ユリヤさんは笑う。

 mixiで婚約発表したのは今年3月13日。Mottyさんは「新居が決まりました」という日記で、ひっそりと婚約を打ち明けた。ユリヤさんは3月22日の日記で「マイミクのMottyと結婚します!」と宣言した。40以上の祝福コメントが付いた。

 結婚式はジューンブライド。6月11日だった。披露宴の司会は、Mottyさんをmixiに招待してくれた彼。2人共通のマイミクも3人呼び、北軽井沢の小さな教会で、幸せな結婚式を挙げた。

出会い系
出会い系
スタービーチ
スタービーチ
スタービーチ
【2008/01/02 04:18】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

nikkuma

Author:nikkuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。