出会い系体験談・出会いの秘訣
実際に出会えたヤレた体験をレポートしていきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
妻との野外SEXで
湖畔で出会い系サイトで知り合った27才の人妻と昨年の夏頃からカーSEXをするようになりました。
 きっかけはドライブの途中で私が眠くなったので琵琶湖の湖畔で少し休むつもりで車を止めシートを倒して休んでいるうちに、妻が「少し散歩してくるね」と云って車外に出て行く気配を感じながら寝てしまいました。

 どれ位の時間がたったのか散歩から妻が戻ってきました。私はまだ眠かったのでそのまま寝ていると、普段は清楚な妻が私の股に手を伸ばし静かにファスナーを下ろし私の一物を取り出し、口に含み舐め始めたのです。
 普段の妻からは想像も出来ない行動だったので私は驚きましたが、気づかないふりをしていました。

 でもあまりにもの激しいしゃぶり方と大きな音に(ジュパジュパ)気持ち良さもあり狸寝入りはそうは続きませんでした。
 そして、ついに私は妻の口の中で果てました。普段なら私のモノを飲まない妻がその時はゴクリと飲み込んだのです。
 少しの時間沈黙が続きましたが、私が「どうしたの?」聞いても答えてくれず、しつこく聞くとやっと妻の口から真相を聞くことが出来ました。

 景色が良いので散歩に出て歩いているうちに少し離れた所に車が止まっていて、妻はこの人たちも休んでいるんだと思い気に留める事無く散歩を続けそろそろ車に戻ろうとして、きた道を戻ると、先ほど止まっていた車がきしんでいたので不思議に思い近づいてみると、中で中年の男女が裸でSEXをしている。
 いけないと思いはしたもののそのまま木の陰に隠れて見ていたそうです。

 その時男性の上にまたがっていた女性と目が合いはっとしたのですが、足に力が入らず逃げることも出来ずどうしようと思った時に、裸の女性が妻に笑顔を返し手招きをされ、怖さを感じながら吸い寄せられるように近寄って行った。
 女性は自分を読んでおきながら何も無かったようにまたSEXを始めました。
 それも先程よりも激しく大きな声もだして。結合部分も良く見えるように・・・。

 妻も自然とスカートをたくし上げパンツの中に手を入れていたそうです。(その時の状態は想像は付きますが云ってくれませんでした)
 何分か何十分過ぎたのか分からないまま時間が過ぎ二人は果てるとそのまま何事も無かったように妻に手を振りその場から立ち去ったそうです。

 その時の刺激があまりにも・・・。

出会い系
スポンサーサイト

テーマ:モブログ・携帯ブログ - ジャンル:モブログ

【2008/04/16 12:24】 | 出会い講座メール編 | トラックバック(0) | コメント(9)
<<出会いの記念日  by えりか | ホーム | 夫婦交換>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/05 08:14】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/06 00:59】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/06 15:33】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/06 16:26】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/06 17:19】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/06 21:21】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/06 23:43】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/07 05:24】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/07 06:13】 | #[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deaetai.blog123.fc2.com/tb.php/29-22a10119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

nikkuma

Author:nikkuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。