出会い系体験談・出会いの秘訣
実際に出会えたヤレた体験をレポートしていきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
初めて見せました・・・ 
始めまして! ぼくはY,Mといいます。年は中一です!
 早速ですが僕の初体験を聞いてください。

 あれは忘れもしない1月30日。ぼくが塾からの帰り道、後ろから来た20ぐらいのかわいい女性が、いきなり、「君ね、SEXしたことある?」ときいてきました。
 ぼくは「ないです」と言うといきなり手を取って彼女の胸につけてきて、「私の家にきてくれる?」といいました。
 ぼくは女性の胸は触ったことがないのでつい「一時間ぐらいならいいです」というとそのまま連れて行かれました。

 彼女の家はすぐそこでした。
 家に着いて彼女の名前をきくと彼女の名前はN,Nさんでした。
 Nさんが「お風呂はいろっか?」といわれましたが、ぼくは恥ずかしかったので、「いや、いいです」といいました。そしたらいきなりズボンの上からぼくのち○ち○をやさしくさすってくれました。

[僕はこの時から「性欲」のことに興味に興味が出始めました]

 するとNさんは「じゃあ・・脱がして、お願い・・・」といったので、ぼくは「どうやればいいんですか?」というとNさんは「パンティをぬがして、君のち○ち○をわたしのアレに入れてくれる?」
 僕はパンティを脱がしてあげました。そのときぼくは心臓がバクバク鳴っているのと、勃起していることにはじめてきずきました。でもぼくは恥ずかしくて、ズボンを脱げませんでした。

 するとNさんは、「何をいまさらグズグズしてるの?」といいながら無理やりズボンとトランクスを脱がさられました。
 そしていきなりベットに押し付けられて、ぼくのち○ち○にNさんのアレに入れさせられました。ぼくは一瞬、いたいとおもいましたが、そのあとにはなんとも言えない快感をあじわいました。

 するとNさんが「あ・・あん・・・あああん・・あん」といっていました。
 ぼくは「大丈夫?」と聞くとNさんは「大・・・丈夫よ! もうちょっとでいくの・・・・腰を振って・・・・」と言われたので腰を振りました。

「あああああんん・・・・あああん・・あああん」

 ぼくは面白がって激しく振りました。
 Nさんは「いく・・いくぅぅ・・・・お願い・・最後に・・出して・・・・」といったので、出せるだけ全部出してあげました。
 Nさんは疲れ果てて、すでに寝ていたので置手紙を書いて家にかえりました。

 それ以来会っていません。結婚したのかな?
スポンサーサイト

テーマ:モブログ・携帯ブログ - ジャンル:モブログ

【2008/07/26 12:28】 | 出会い講座メール編 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<病院で看護婦さんが | ホーム | 修学旅行で >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deaetai.blog123.fc2.com/tb.php/57-6c53bd35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

nikkuma

Author:nikkuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。